交通

じぇいあーるきせいほんせん しらはまえき
JR紀勢本線「白浜駅」

行き方新大阪駅から2時間30分。名古屋から伊勢・新宮経由で5時間20分で「白浜駅」に到着します。駅のホームは0番から3番まで4つあります。
ホームページ http://www.jr-odekake.net/eki/......id=0622064
JR紀勢本線「白浜駅」

改札からホームへは段差はありません

ホーム南側に設置されているスロープと線路を渡る通路

和歌山県の温泉のメッカ、南紀白浜の玄関口JR紀勢本線「白浜駅」です。日本で一番たくさんパンダが飼育されているアドベンチャーワールドへもここが玄関口となります。アドベンチャーワールドのホームページによると「現在、アドベンチャーワールドでは8頭のジャイアントパンダが暮らしていますが、これは中国以外では世界で一番の大家族です。」だそうです。

新大阪駅から2時間30分。名古屋から伊勢・新宮経由で5時間20分かかります。駅のホームは0番から3番まで4つあり、下り大阪、和歌山、田辺方面、上り新宮、那智勝浦方面へ向かう特急くろしおと普通列車が運行されています。

駅側のホームと島のホームは陸橋で結ばれていて、それぞれの階段にはエスカレーターがつけられているのですが、車いすを乗せる事はできません。

駅のホーム南側(改札を出て右側)端にスロープがありスロープを降りると線路を渡るようにして向かい側のホームと結ばれています。ここを通ると車いすでも段差なく向かいのホームに行くことができますが、線路を渡るとき、信号を赤にしておく必要があります。これは、天王寺の指令所に連絡して変えてもらうことになります。

とても面倒そうですが、駅員さんが一緒に携帯電話で連絡を取りながら渡るそうなので、手間も時間もかかりません、とのこと。少し時間に余裕を持っておいで下さるといいのですがとおっしやっていました。

白浜温泉の玄関口と言っても温泉市街地までほぼ5キロメートルほどあるため、駅前からは明光バスの路線バスが出ています。路線バスには低床バスの運行もあります。

観光客のためのコインロッカーは、改札を出て左側にある観光情報センターの横と駅正面に向かって右側5メートルほどの所にあります。

 

 

 

DATA 基本情報

所在地 和歌山県白浜町堅田1475
電話番号0570-00-2486(JR西日本お客様センター)
FAX番号
E-mail
車いすの場合 駅の改札口から0番、1番のホームへは段差なくスムーズに移動できますが、2番、3番のホームへはホーム南端のスロープを渡りますので、駅員さんに介助してもらいます。
補助犬同伴の場合 補助犬の同伴はできます
障がい者割引 有  身体障がい者、または療育手帳を提示することで、割引制度を利用することが出来ます
バリアフリートイレ 有  白浜駅の改札を出て約5mほどで駅舎の外に出ます。駅舎に沿って左へ25mほどでトイレの入り口です。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  駅構内に2台の貸し出し用車いすがあります。列車に乗るまでの間利用できます
問い合わせ時間5:30~23:00
休業日ありません
駐車場有  駐車場には10台駐車できます
エレベーター無  エレベーターはありません
介助サポート 有  前もって連絡しておけば介助サポートをしてもらえます。
メモ1駅頭には、大きなパンダのキャラクターがかざられています
メモ2駅の南西にはアドベンチャーワールドや白浜空港があり、バスで約15~20分の距離にあるほか、三段壁の景勝の地や日帰り温泉・足湯なども各所にあって、白浜を堪能することが出来ます。
メモ3駅前からは、明光バスの路線バスが南紀白浜空港行き、紀伊田辺行き、椿温泉行きと出ている他、駅の正面左側にレンタカーのカウンターがあります。
整理番号取材調査日/2011年1月26日16:40~17:25 更新日2017年3月17日 晴れ調査者/中村富子
パーマリンクをブックマーク