交通

じぇいあーるきせいほんせん きいかつうらえき
JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」

行き方JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」下車
ホームページ http://www.jr-odekake.net/eki/......id=0622045
JR紀伊勝浦駅駅舎(2階建て、駅の機能はすべて2階にあります。車いす用の入口は、階段の右奥にあります)

車いす用の出入口(左側にインターフォンがあり、駅員さんと連絡がとれます)

2階の改札口の様子

JR「紀伊勝浦駅」は、紀伊半島の太平洋岸、那智勝浦町の基点の駅です。大阪からと名古屋からのほぼ真ん中にある駅です。新大阪(一部京都駅)から特急「くろしお」が、名古屋駅から「(ワイドビュー)南紀」の双方が乗り入れています。。那智大社へはここから行きましょう。

駅舎は、2階建てで駅としての設備はすべて2階にあります。エレベーターが整備されていないので、車いす使用の方は、階段下キヨスクとの間にあるフェンスの扉から出入りをしますが、駅員の許可と誘導が必要です。フェンスの扉まで駅前の道路からスロープを通りスムースに行くことができます。扉の左側にインターフォンが備えられているので駅員さんと連絡ができ、各ホームにスロープで移動できます。乗車券は駅員さんが行先を聞いて改札で入手してくれます。

1番ホームは、新宮・名古屋方面行きで「(ワイドビュー)南紀」はすべてこのホームから出発します。2番ホームは田辺・和歌山・天王寺方面行き、3番ホームは新宮方面行き(各駅停車と特急くろしお)となっています。車いす使用の方は、1番ホームへはフェンスの扉から入りホームまでスロープで行くことができます。2番・3番ホームへは、線路を渡って行くことになるので、線路にスロープを渡して通れるようにしてくれます。列車の通らない時間を考えないといけないので、余裕をもって駅に来ていただきたいと駅員さんのお話です。

駅内の連絡通路は、熊野那智大社をイメージしたデザインになっています。駅舎への陸橋の右側にキヨスク、その前に足湯「滝乃湯」があり、キヨスクの東隣に公衆バリアフリートイレがあります。駅前にはタクシーが常駐しています。

また、駅舎と道路を挟んで南側(海側)に、お土産品の販売センター「勝浦海産物センター」もあります。

駅前のロータリー中央に、新宮市出身の詩人・作家の佐藤春夫の有名な「秋刀魚の歌」の碑があります。

熊野那智大社・那智の滝・青岸渡寺へは、このJR紀伊勝浦駅から熊野交通バスが運行しています。約30分で那智山に着きます。低床バスの運行ではないので車いすのままでの乗車はできません。車いすのまま乗車できる介護タクシーを利用される場合は、串本タクシーに問い合わせてください。(串本タクシー:0735-62-6900)

 

DATA 基本情報

所在地 和歌山県那智勝浦町築地6丁目1-1
電話番号0570-00-2486(JR西日本お客様センター)
FAX番号
E-mail
車いすの場合 駅舎の階段奥にあるネットのフェンス入口でインターフォンで駅員さんに車いす使用であることを伝えると各ホームにスロープを使って移動をサポートしてくれます
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できます
障がい者割引 有  JR西日本の規定による割引があります。(障がい者手帳等の提示が必要です)
バリアフリートイレ 無  駅にはバリアフリートイレはありません。駅に向かって右側売店横にバリアフリートイレがあります。ドアは手動引き戸、オストメイトの方の設備はありません
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いす(手動)3台あります。駅構内での使用です
問い合わせ時間5:30~23:30
休業日
駐車場有  普通車5台駐車できます
エレベーター無  エレベーターはありません
介助サポート 有  駅舎内でのサポートをしてくれます
メモ12階建て駅舎なので、駅としての設備(改札口、乗車券売り場など)はすべて2階にあります
メモ21階に観光案内所があり、駅前にタクシーが常駐しています
メモ3AEDが改札口横に整備されています
整理番号取材調査日/2011年11月21日(月)14:00~14:20 更新日2017年3月17日 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク