食べる

くじらや
くじら家(クジラ料理)

行き方JR紀勢本線「太地駅」から町営じゅんかんバス(ノンステップバス)で約5分「常渡(じょうど)」バス停下車進行方向に向かって徒歩約1分右側です
ホームページ http://www4.ocn.ne.jp/~kujiraya/
クジラ家の玄関

クジラ家入り口へのスロープ

くじらの竜田揚げ定食 1780円

太地町は、わが国の古式捕鯨発祥の地として知られています。くじら家は、鯨専門店で鯨料理・自家製の鯨肉製品を小売り販売(電話での注文を受けます)しています。くじら家の前は森浦湾です。

くじら家の入口は、道路に面していて9段の階段があります。車いす使用の方は、建物の裏にある駐車場から建物に沿って入口前まで段差なく行くことができます。入口(自動ドア・幅が82㎝)前に8㎝の段があり、その段を1段上がると店内に入ることができます。車いす使用の方はサポートをしてくれる方がいるといいですね。入口を入ると、店内にはお土産用の鯨肉製品などが入っている大きな冷凍庫があり、食事ができるテーブル席(5人掛け)が2箇所とお座敷にテーブル2台があります。車いす使用の方も店内は移動できます。壁に鯨の種類が書かれた絵図が貼ってあります。

食事のメニューは、鯨料理がほとんどです。鯨うどん、鯨カツカレー、鯨カツ定食、竜田揚げ定食、レデイスランチ(クジラボール・くじらのさしみ)、鯨刺身定食、くじら家ランチ(さしみ・竜田揚げ・串カツ・ベーコン)、勇魚(いなさ)ランチ(カツ・クジラボール・さしみ)などがあり、ほかに一品料理(ベーコン・サエズリ・尾の身さしみなど)があります。くじら家ではミンク鯨・ナガス鯨の鯨肉を使用しているそうです。お店のおすすめは、鯨のお刺身だそうです。

自家製のベーコンや鯨の大和煮の缶詰、鯨の焼肉の缶詰が販売されています。鯨のヒゲ板も飾られています。

定休日は木曜日となっていますが、めったに休むことはありません。営業しているか電話で確かめてからお越しください。とのお店の方のお話です。

なお、ここから太地町立くじらの博物館まで約500mです。

 

DATA 基本情報

所在地 和歌山県太地町太地2902-115
電話番号0735-59-2173
FAX番号0735-59-2173
E-mail
車いすの場合 建物の裏の駐車場から建物に沿って入口前まで段差なく行けます。入口に8㎝の段があり、そこを1段上がって入口(自動ドア)に入ります
じゅんかんバス(ノンステップバス)には運転手さんがスロープを出してくれるので車いすのまま、乗り降りができます。
補助犬同伴の場合 入口まで同伴できます
料金クジラ料理がほとんどです。鯨うどん:1260円 鯨カツカレー:1680円 鯨カツ定食:1780円 竜田揚げ定食:1780円 鯨刺身定食:2620円ほか
バリアフリートイレ 無  くじら家にバリアフリートイレがありません。約500mのところに町立くじらの博物館前公衆バリアフリートイレがあります(ドアは手動引き戸、オストメイトの方の設備はありません)
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  貸出用の車いすはありません
オープン時間9時から17時
休業日木曜日(不定休)
駐車場有  建物の裏に普通車10台駐車できます
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1鯨専門店で、鯨料理・鯨の販売をしています
メモ2
メモ3
整理番号取材調査日/2011年12月20日(火)14:30~15:20 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク