宿泊

しゅくぼう なんいん
宿坊 南院 (ハーフバリアフリー) 

行き方南海電鉄「高野山駅」より南海りんかんバスで約10分「浪切不動前」バス停下車。(高野山駅発ではどこ行きのバスでも行けます。)
ホームページ http://www.sea.sannet.ne.jp/na......ntact.html
南院山門

南院玄関

南院バリアフリー部屋

高野山上の盆地は東西6キロ、南北3キロ、周囲15キロの広さで、標高800~850メートルのところに、高野町という人口3979人(平成22年度国勢調査)の町があります。

南院は高野山総本山金剛峯寺の北側に位置していて、徳川家霊台の手前にあり、女人堂へ行く道上にあります。その昔高野山は女人禁制で女性は女人堂までしかこられなかったと聞きます。その道に立ち南院に向かって左側が本堂、右側が宿坊等がある建物になります。普通車の駐車場は門を入って中にあります。広い中庭と大小さまざまな客殿があり境内は6千坪の広さに及ぶそうです。

宿坊入り口には数段の段差がありますが、身体の不自由な方が来たらどうされるのですか?と尋ねると「持ち上げますよ!」というハキハキした修行僧からの返事をいただけ、人力バリアフリーが期待できる宿坊です。上に上がると、宿坊内はほとんどバリアフリー。お坊さんたちが手伝ってくれますので、館内移動は心配なさそうです。バリアフリートイレが1つあります。大浴場とまではいきませんが、男女別の中規模浴場がありました。食事は個人で泊ると部屋でとることができます。ビールも注文できます。

翌朝は本堂でお勤めに宿泊者なら誰でも参加できます。久々に仏像の前で住職の響き渡るお経を聞き、厳粛な気持ちになりました。食事も精進料理ですが、おいしくいただきました。外国人も泊まりますか?と尋ねるとオランダ人が多いとのことでした。とても清潔な宿坊で、おすすめします。

冬季は標高が高いので、外はマイナス5度ぐらいの寒さと冷え込みで寺院屋内でも氷点下になります。スキーに行くような服装で来てください。お正月の祝花若松はお水無しで一ヶ月持ち、その他の活け花の水には日本酒を半量加えています。これは水の凍結を防ぐためです。山内の道や奥の院の参道は除雪されていますが凍結はあります。靴に滑り止めを巻くと冬のウォーキングも楽しめることでしょう。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県高野町高野山680番地
電話番号0736-56-2534・2535
FAX番号0736-56-3500
E-mail
車いすの場合 駐車場、バス停「浪切不動前」からもバリアフリーで玄関まで行けます。
補助犬同伴の場合 院内はもちろんお部屋までも同伴は可能です。
料金1泊2食付き9,720円(税込み)です。
朝食朝食付きの料金設定です。
バリアフリートイレ 有  1階男性用トイレの奥にあります。右側へ手動引き戸でオストメイトの方用の設備はありません。ここから女人堂方面に約550mで女人堂横公衆バリアフリートイレがあります。手動引き戸でオストメイトの方対応の設備も整っています。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いすは1台用意されています。
駐車場有  普通乗用車約20台、大型バス6台駐車可能です。
エレベーター無  一部2階部分はありますがエレベーターの設備はありません。
メモ1玄関には20cm~22cm高さの4段の階段があります。車いすの方にはできるだけお手伝いをさせていただきます。
メモ2
メモ3
整理番号取材調査日/2011年11月25日(金)12:50~13:50 更新2016年8月23日 曇調査者/井戸上 晴子
パーマリンクをブックマーク