宿泊

ゆのみねおんせん みんしゅくたきよし
湯の峰温泉 民宿瀧よし(ハーフバリアフリー)

行き方JR紀勢本線「紀伊田辺駅」から龍神バスの熊野本宮線で「湯の峰温泉」バス停下車約40mゆるやかな坂道を下ります。龍神バスは、低床バスを運行していますので乗車日の3日前までに連絡をすると配車の手配をしてくれます。(龍神バス:0739-22-2100)
なお、台風12号の影響で下湯川橋が崩壊していましたが、その後復旧されています。
ホームページ
瀧よし入口

宿泊室入口

左にエレベーターと浴室入口

田辺市・湯の峰温泉は、熊野本宮に近く、1800年前に発見された日本最古の温泉といわれています。93℃の源泉が自噴し、泉質のよさから「小栗判官の蘇生物語」など多くの伝説が残されています。谷あいに湧き出る天然の岩風呂「つぼ湯」があり、湯の色が日に7回も変わるといわれています。「透明」から「白」、「白」から「青」と変化するそうで、「この変化は、気温、水温により変化するのでは・・・」と言われているそうです。湯筒で、誰でも野菜や卵を茹でることができます。

民宿瀧よしは、「湯の峰温泉」駐車場から約40m、湯の峰温泉の入口にあります。道路に面して建物があり、入口に2段(20㎝・22㎝)の階段があります。車いす使用の方はサポートがあれば入口を入れます。その入口(引き戸)を入ると食事のできるコーナーです。カウンター席8席とお座敷席12席があります。入口から左側に食事コーナーを通り約7mでエレベーター入口です。
2階にはエレベーターを降りて左側に男湯、3階には女湯があります。天然温泉かけ流しです。お風呂の入口の幅71㎝・14㎝の段差で脱衣場になります。浴槽の入口に7㎝の段差があり、浴槽の高さ約20㎝です。浴槽は御影石造りで、大きなガラス窓からは湯の峰の森が眺められます。浴槽の形は男性用と女性用で異なりますが、入口などは同じです。

2階でエレベーターを降り、右に約6m進むと和室の部屋に行きます。部屋の前に6㎝の高さの板の間がありその奥が和室(8畳・2間)になっています。3階にはエレベーターを降りて、右に行くと和室(6畳)が3室あり、入口に5㎝の段差があります。簡易ベッド1台が準備されているとのことです。必要な方は予約時にその旨お伝えください。車いす使用の方はサポートを少ししてもらえると利用できる宿です。

なお、各階には洋式トイレがありますが、バリアフリートイレは備えられていません。車いす使用の方は、約40m坂道を下ったところにある「湯の峰温泉」駐車場公衆バリアフリートイレを利用してください。

ここ瀧よしのお料理には、温泉水が使われています。温泉水で入れた温泉コーヒーは今までと違った味です。温泉がゆ定食・めはり寿司もおすすめです。

瀧よしの前を流れる川にも湯気が立ち上り「小栗判官蘇生の地」と染め抜かれたのぼりが立ち並んでいます。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県田辺市本宮町湯の峰260-4
電話番号0735-42-1515
FAX番号0735-42-1218
E-mail
車いすの場合 「湯の峰温泉」バス停下車約40mゆるやかな坂道を下ると道路に面した入口に行きます
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できません。
料金1人9500円(1泊2食付) 1人6000円(1泊朝食付き )いずれも税込
朝食朝食は付いています
バリアフリートイレ 無  民宿瀧よしにバリアフリートイレはありません。約40m坂道を下ったところに湯の峰温泉駐車場公衆バリアフリートイレがあります(ドアは手動引き戸、オストメイトの方の設備はありません)
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  貸出用の車いすはありません
駐車場無  民宿瀧よし専用の駐車場はありませんが、「湯の峰温泉」バス停のところに公共の無料駐車場があります。50台駐車できます。車いすマークー付駐車場2台あります
エレベーター有  エレベーターがあります。入口幅70㎝で車いす1台乗ることができます
メモ1家族的雰囲気のある民宿です。
メモ2民宿瀧よしの前の川には温泉が流れています。瀧よしの入口など数か所に温泉(60度)の蛇口がありいつも温泉の湯が出ています
メモ3
整理番号取材調査日/2011年12月8日(木)11:05~12:00 更新2016年8月16日 雨調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク