宿泊

みさとのゆかじかそう
美里の湯かじか荘

行き方JR紀勢本線「海南駅」から大十オレンジバスで「登山口」バス停下車、紀美野町コミュニティバスに乗り換え「美里の湯前」下車
ホームページ niunomiyako.com/environment
新館入口

新館のフロント

宿泊室の様子

美里の湯かじか荘は、高野西街道(国道370号線)のちょうど真中あたりに位置し、貴志川のほとりに建っています。川のせせらぎが心地よく、安らぎを感じることができます。

新館フロントの横に広いロビーがあり、テーブルとゆったりしたイスでゆっくりくつろげます。

宿泊室は、全室和室で、入口の幅73㎝で1段15㎝の段差があります。バス、トイレがついていますが、新館の奥にあるお風呂を利用することもできます。(お風呂の入口の幅は63㎝、1段10㎝の段差があります。浴槽への入口の幅は67㎝、浴槽の高さ7㎝、手すりがついています)希望すれば簡易ベッドを準備してくれます。

お料理で、かじか荘名物は「ぼたん鍋」です。宿泊された時は是非味わってください。

近くにはみさと天文台があります。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県紀美野町菅沢6番地
電話番号073-498-0102
FAX番号073-498-0333
E-mail メールを作成する
車いすの場合 新館前の駐車場から4mで入口に、スロープを利用してフロントに行けます
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できます
料金新館での宿泊料金:9396円から13716円(1泊2食付お一人様)(休日前は1080円アップ)
朝食朝食は付いています
バリアフリートイレ 有  新館(宿泊棟)受付から約10m進むと左側にバリアフリートイレがあります。ドアは手動引き戸、オストメイトの設備はありません
付近のバリアフリートイレ 情報はありません
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いす(手動)2台あります
駐車場有  100台駐車できます。うち障がい者対応2台あります
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1全室和室です
メモ2新館浴室は宿泊室の奥にあり、露天風呂・サウナもあります
メモ3
整理番号取材調査日/2011年10月12日(水)14:40~15:35 更新2016年8月23日 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク