宿泊

きゅうかむらきしゅうかだ
休暇村紀州加太 

行き方南海電鉄「加太駅」から送迎バスがあります。(送迎バスは、入口に段があるので少しでも歩ける方だと、運転手の方が車いすをたたんでバスに積み込んでくれます)
ホームページ www.qkamura.or.jp/kada
玄関入り口

ロビーの様子

館内にあるキッズコーナー

休暇村紀州加太は、瀬戸内海国立公園内の紀淡海峡を見下ろす小高い山の上にあります。入口を入ると広々としたロビーがあり、全面ガラス窓の向こうに紀淡海峡が広がって見え、まるで絵画のようです。全面ガラス窓のところまで進むと、すぐ向こうに友が島が見えます。お天気の良い日には淡路島、四国の徳島まで見えるとの係りの方のお話です。宿泊のお部屋は、全室オーシャンビューで海に沈む夕陽が眺められ、癒やしの空間に浸ることができます。

ここ紀州加太の自慢は、新鮮な海の幸です。春は「桜鯛」夏は「ハモ」冬は「クエ」など旬の海の幸を味わっていただけます。

宿泊室は、2階・3階・4階にあり、和室・和洋室・洋室があります。洋室は、2階と3階に1室づつあり、段差のない部屋でお風呂とトイレが備えられています。車いす利用の方も利用できます。

地下1階には、加太淡嶋温泉「天空の湯」があり、大浴場と露天風呂があります。浴場入口へは全て段差なく行けます。浴場入口にも段差がありません。浴槽の高さは60㎝で、手すりがついています。大浴場からも海が見えます。露天風呂に行くには、入口に1段段差があります。露天風呂の湯船に浸かると、自分が空と海につながっているような感覚になれます。お湯は、少しぬめりがあり、「美肌の湯」として女性に人気です。なお、脱衣場にはベビーベッドがあります。

お食事は、2階のオープンキッチンを備えたレストラン(イス席)でいただきます。朝食も同じ場所で、一人ずつのお膳形式だそうです。ここからも大きなガラス窓から紀淡海峡が望め、素晴らしい景色とおいしいお料理をいただけます。

宿泊の予約をすると、宿泊室の館内図面を送ってくれるそうです。また、南海電鉄「加太駅」に送迎バスが迎えに来てくれます。(定期バスが迎えてくれます)

休暇村紀州加太にはアウトドア施設「テニスコート・グラウンドゴルフ・プール(夏期のみ)・オートキャンプ場(4月から10月の休前日、GW、夏休み)」が整備されています。また、宿泊者を対象とした5通りの「ふれあいプログラム」が準備されています。休暇村スタッフと散策する「港町加太歴史散歩」や市観光ガイドと休暇村スタッフが案内する「友が島散策ツアー」などがあります。また、気楽に歩ける散歩道が整備されています。車いす使用の方もサポートをしてくれる方がいると入口から南にある展望台からの素晴らしい景色を鑑賞することができます。入口から南へ歩道を通り、プールのある建物の前を進み坂道を上ると展望台があり、ここから加太の町や紀淡海峡、友が島が目の前に広がります。

ここの休暇村の近くに「雛流し」で有名な淡島神社があります。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県和歌山市深山483
電話番号073-459-0321
FAX番号073-459-0815
E-mail メールを作成する
車いすの場合 駐車場から段差なくスムースに玄関(自動ドア)まで行けます。玄関を入ると右側にフロントがあります。
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できます。
料金11600円から(1泊2食 税込み 入湯税別)
朝食朝食は付いています。
バリアフリートイレ 有  1階入口から左側に約15m進むと右側にバリアフリートイレがあります。ドアは手動開き戸、オストメイトの方の設備はあります。
付近のバリアフリートイレ 情報はありません
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いす(手動)3台あります。
駐車場有  46台うち障がい者対応2台あります。
エレベーター有  エレベーター2台あります。
メモ1全室すべてオーシャンビューです。和室、和洋室(一部段差有り)、洋室(段差なし・2室)があります。
メモ2AEDはロビーにあります。
メモ3日帰り入浴もあります。12:00~15:50(15:00最終受付)料金は大人:1200円、小人:600円(フェイスタオル別料金200円)
整理番号取材調査日/2011年11月4日(金)10:30~11:00 更新日2017年1月20日 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク