楽しむ

こんごうぶじ
金剛峯寺

kongobuji
行き方南海電鉄高野線「高野山駅」から南海りんかんバス奥の院行きで、「千手院橋」バス停下車徒歩3分 または、大門行き「金剛峯寺前」バス停下車すぐです。
ホームページ www.koyasan.or.jp
金剛峯寺主殿

金剛峯寺前駐車場から金剛峯寺の正門を望む

金剛峯寺の内拝受付入口

金剛峯寺は高野山真言宗3600ケ寺の総本山の寺院です。和歌山県の北部、標高1000m級の山々に囲まれた標高およそ900mの山の上の盆地のほぼ中央にあります。真言宗の宗祖空海(弘法大師)が宗教活動の拠点としたお寺で、真言密教の聖地です。2004年7月ユネスコの世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」として指定されました。

金剛峯寺の住職は、座主と呼ばれ高野山真言宗管長が就任されています。金剛峯寺は、東西約60m(30間)、南北約70mの主殿、座主居間、奥殿、別殿、書院、鐘楼などの建物が境内に点在しており、寺内には狩野派の襖絵や石庭などが設けられています。

金剛峯寺では、「阿字観体験」ができます。阿字観とは自分と大日如来(宇宙)とが一体となる密教の瞑想法で、こころにやすらぎを与えてくれるとのことです。

高野山では一年を通して様々な法会が行われています。中でも6月15日に行われる「青葉祭り」、8月13日に行われる「ろうそく祭り」はとても有名です。

ミシュラン旅行ガイドブックで「高野山」が三ツ星評価受けました。(2009年)

金剛峯寺へは、正門まえの階段(高さ10㎝、奥行175㎝、21段)を上がり、正門の32㎝の段を越え境内に入ります。金剛峯寺内の建物の中で一番古いものです。ここから石畳の参道を通り金剛峯寺内拝受付入口に行くことができます。内拝受付入口の10㎝の段をあがると、靴ぬぎ場です。そこから17㎝・10段の階段があります。右側には車いす専用のエレベーターがあります。そこを上がり左に進みスロープを通り右に行くと内拝受付窓口です。内拝受付窓口からスロープを通り寺内を拝観していきます。寺内には狩野派の襖絵のある大広間や国内で最大級といわれる石庭などが拝観できます。寺内を拝観するうえでサポートが必要とすることがあれば声をかけると金剛峯寺のどなたでも快くサポートをしてくれます。金剛峯寺の素晴らしい内部を心ゆくまで鑑賞してください。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県高野町高野山132
電話番号0736-56-2011
FAX番号0736-56-5450
E-mail
車いすの場合 金剛峯寺の前にある駐車場の方から入ります。ここは10㎝の高さで奥行175㎝の階段21段で正門に行きます。正門に32㎝の高さの段があり、そこを越えると金剛峯寺の境内に入ります
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できます
料金大人:500円 小学生:200円 未就学児:無料
障がい者割引 有  本人が無料です
バリアフリートイレ 有  この金剛峯寺前にバリアフリートイレがあります。ドアは手動引き戸でオストメイトの方の設備はありません
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いす(手動)2台あります
オープン時間8時30分から17時(受付:16時30分)
休業日
駐車場有  35台うち障がい者対応4台、観光バス対応6台(金剛峯寺前駐車場の台数です)駐車できます
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1AEDが内拝納経受付にあります
メモ2
メモ3
整理番号取材調査日/2011年10月20日(木)15:00~15:30 更新日2016年9月1日 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク