楽しむ

きしゅうとうしょうぐう
紀州東照宮 

Kisyu-Tosyougu
行き方JR紀勢本線「和歌山駅」・南海電鉄「和歌山市駅」より和歌山バスの新和歌浦行き(約20分) 「権現前」バス停下車、徒歩1分です
ホームページ http://www.d2.dion.ne.jp/~hidei/
東照宮社殿の様子

第2拝殿のある東照宮会館

東照宮楼門

和歌山市の中心部から10kmほど南の和歌浦にある紀州東照宮は、徳川家康の十男の徳川頼宣が父家康を祀るため1621年に創建したもので「関西の日光」とも呼ばれています。駐車場から約100m、青石を敷き詰めた参道を歩くと18cm~22cmの高さの108段の石段が続きます。石段の手前にお賽銭箱があります。108段の石段を登ると朱塗りの楼門です。そこからは和歌浦の海がきれいに見え、登ってきた疲れを忘れさせてくれます。その15mほど先に(1621年)徳川頼宣が南海道の総鎮護として創建した社殿があります。その社殿は「関西の日光」とも呼ばれ、権現造りになっています。江戸初期の代表的な重要文化財建造物です。

社殿には左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の襖絵があります。(社殿拝観のみ有料)
本殿に行くには石段が108段あります。
通用裏道の有無を問い合わせましたが、やはり階段はあるとのことでした。目が不自由な方ですと行くことが出来ますね。

毎年5月に行われている神輿渡御祭(和歌祭)では神輿がこの神社をスタートし108段の侍坂を勇壮に下ります。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1-2
電話番号073-444-0808 
FAX番号073-447-2488
E-mail
車いすの場合 本殿に行くには石段が108段あります。
駐車場の左手にスロープがあり、そこから途中細かい砂利道ありますが35mで第2拝殿に行けます。第2拝殿の手前に11cmの石段が一つあります。  
補助犬同伴の場合 補助犬の同伴はできます。
料金社殿の拝観は有料です。大人500円 子ども250円(約20分間の巫女による説明付き)
障がい者割引 無  障がい者割引はありません。
バリアフリートイレ 無  バス停からすぐの御手洗池入り口にバリアフリートイレがあります
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  車いすの貸し出しはありません。
オープン時間拝観は9:00~17:00
休業日無し
駐車場有  約60台の駐車場があります。1時間300円、1時間を超えると500円プラスになります。
エレベーター無  エレベーターはありません。
メモ1駐車場から約100m参道を歩くと18cm~22cmの高さの108段の石段が始まります。石段の手前にお賽銭箱があります。  
メモ2正面の侍坂は108段で、左手のゆるやかな女坂を150段登ると楼門まで行くことができます。
メモ3東照宮会館では御祈祷や結婚式が挙げられます。
整理番号取材調査日/2011年11月17日(木)11:00~11:50 晴調査者/玉出 幾代
パーマリンクをブックマーク