楽しむ

たまつしまじんじゃ、しおがまじんじゃ
玉津島神社・鹽竃神社

行き方南海電鉄「和歌山市駅」から和歌山バス9番10番乗り場新和歌浦行で「玉津島神社前」バス停または、「不老橋」バス停下車すぐです
JR紀勢本線「和歌山駅」から和歌山バス2番乗り場新和歌浦行で「玉津島神社前」バス停または、「不老橋」バス停下車すぐです
車で、国道42号線「和歌浦交差点」を片男波海岸方面へ約200mで玉津島神社、その南側が鹽竃神社です
ホームページ http://www.city.wakayama.wakay......usima.html
玉津島神社拝殿

小野小町の袖掛けの塀

鹽竃神社入り口

玉津島神社は稚日女尊(わかひるめのみこと)息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)衣通姫尊(そとおりひめのみこと)が奉られていて、古くから和歌の神様と呼ばれています。歌人山辺赤人や俳人松尾芭蕉が詠んだ和歌や俳句を刻んだ歌碑が建てられています。また小野小町が参拝の時に上掛けをかけたといわれる「小野小町袖掛けの塀」が今も残されています。鳥居をくぐり、その塀から石畳になっていて、約22m先にお賽銭箱が置かれています。その奥が拝殿ですが入り口に20cmの敷居があります。

玉津島神社の南側にある鹽竃神社の青石の洞窟のような祠は元は玉津島の祓い所でした。今は安産の神様として信仰され、多くの妊婦さん達が安産のご祈祷を受けに訪れています。

玉津島神社の社殿奥から5分ほど登れば奠供山(てんぐやま)の頂上で、そこから西北には淡路島、友が島、加太の岬から紀淡海峡が見え、南には海南の海、藤白の山々が望むことができます。

また、玉津島神社駐車場の南に和歌公園(鏡山)ハイキングコースの登り口があり5分ほど登れば、和歌浦湾と片男波の素晴らしい景色を見ることが出来ます。鹽竃神社の向かい側に架かる石組みのアーチ橋は不老橋で、1851年に紀州徳川家第10代藩主の徳川治宝が架け、この橋を渡ると不老長寿になると伝えられ多くの観光客が訪れています。

 

DATA 基本情報

所在地 和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26
電話番号073-444-0472
FAX番号
E-mail
車いすの場合 駐車場から約5mで鳥居です。
補助犬同伴の場合 補助犬の同伴はできます。
料金無料です。
障がい者割引 無  無料です。
バリアフリートイレ 無  バリアフリートイレは北西へ歩いて10分の御手洗池公園入口にあります。歩道上を歩いて段差なく行くことが出来ます。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  車いすの貸し出しはありません。
オープン時間いつでもお詣りできます。
休業日無休です。
駐車場有  鳥居の前に10台駐車できます。バス停側に和歌公園管理の駐車場がありそこに15台駐車できます。
エレベーター無  平屋建てです。
メモ1玉津島神社拝殿の左手に置かれている根上がり松(名称鶴松)は天然記念物です。
メモ2鹽竃神社の社務所は玉津島神社と同じ所です。
メモ3バリアフリートイレはありません。
整理番号取材調査日/2011年12月10日(土)14:50~15:30 晴調査者/玉出 幾代
パーマリンクをブックマーク