楽しむ

まんようかん
万葉館 

manyoukan
行き方JR紀勢本線「和歌山駅」から和歌山バスで約25分(2番のりば「新和歌浦」行き)「不老橋」バス停下車(バス停より約600m・徒歩約10分)
南海電鉄「和歌山市駅」から和歌山バスで約25分(9・10番のりば「新和歌浦」行き)「不老橋」バス停下車(バス停より約600m・徒歩約10分)
車で、国道42号線から和歌浦交差点を南へあしべ橋を超えるとすぐ。
ホームページ http://www.wacaf.or.jp
万葉館外観

万葉館内部

万葉館から見る新和歌浦

万葉集の中には和歌山で詠まれた歌が107首もあるそうです。その万葉ゆかりの地に建てられたのがこの万葉館です。

ここには万葉集にまつわる資料の展示や紀伊国の万葉歌そして、~山部赤人と有馬皇子と~のタイトルで、有馬の皇子にまつわる悲劇を漫画家の里中満智子さんの万葉館オリジナルイラストとして16分間にまとめて万葉シアターで上映しています。

図書コーナーには万葉やその歴史に関する資料が集められています。またパノラマウインドウからは国名勝指定となった和歌浦の風景が目の前に広がります。

駐車場からは万葉館入り口まで約85mあり、車いすで段差なく来ることができます。

1階の健康館からエレベーターもありますが、健康館入口からもずっとスロープでこの2階の万葉館の前まで出ることが出来ます。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県和歌山市和歌浦南3丁目1700
電話番号073-446-5553
FAX番号073-446-5554
E-mail
車いすの場合 片男波公園の障がい者対応駐車場から約85mで入り口です。スロープで段差なく入れます。
補助犬同伴の場合 補助犬の同伴はできます。
料金無料です。
障がい者割引 無  無料です。
バリアフリートイレ 有  館内と1階の健康館にもバリアフリートイレはありますが、駐車場入り口に公衆バリアフリートイレがあります。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  貸し出し用車いすは4台有ります。
オープン時間9:00~17:00(入場は16:30まで)
休業日12月29日~1月3日 (不定期で点検日は休業)
駐車場有  片男波公園の駐車場200台のうち6台が障がい者対応。1回400円、障がい者手帳提示で半額
エレベーター有  1階健康館前にエレベーター乗り場があります。
メモ1AEDは1階の健康館にあります。
メモ2ギャラリーでは万葉や和歌浦を素材にした作品の展示もしています。
メモ3
整理番号取材調査日/2011年11月17日(木)13:40~14:00 晴調査者/玉出 幾代
パーマリンクをブックマーク