楽しむ

かるかやどう
苅萱堂

行き方南海高野線極楽橋で下車。ケーブルカーで高野山駅へ(5分)。駅前から南海りんかんバスで15分、苅萱堂前下車10m
ホームページ http://tk-jizou.com/34.html
苅萱堂の正面です

苅萱堂の手前に設置されているトイレ

苅萱堂の本院の密厳院

苅萱道心と石道丸父子の哀話で知られる苅萱堂です。この哀話について少しお話ししましょう。

苅萱父子は40年という長い間親子の名のりをすることなくこのお堂で修行に明け暮れました。高野山で僧となり修行しているというまだ見ぬ父を訪ねる石道丸は、僅か14歳でした。当時女人禁制であった高野山には石道丸の母は入山することは認められません。母をふもとの町の学文路(現橋本市)の宿に残し山に登ったのでした。高野山内で出会う僧達に父の行方を尋ねるのですが、なかなか見つからずにいたところ、父の面影を重ねることが出来る僧侶に出合いました。それは実父の苅萱道心でしたが、彼は出家の時、俗世の全てを捨て修行することを誓っていました。
苅萱道心はすぐに我が子とわかりましたが、父だと名のりが出来ないまま、石道丸は学文路の宿に下山するのですが、待っているはずの母は、彼を待ちきれず亡くなっていたのです。
再び高野山に登った石道丸は、苅萱道心を訪ね僧として修行の道を励むのです。

このお堂の周囲には30枚の苅萱と石道丸絵伝がご本尊を取り巻くように掲げられています。その出口付近に祀られている親子地蔵尊は、今でも崇められています。

お堂の中は、車いすでぐるっと巡ることが出来ます。

 

 

 

DATA 基本情報

所在地 和歌山県高野町高野山
電話番号0736-56-2202
FAX番号
E-mail
車いすの場合 正面入り口には五段ほどの階段になっているが、その階段の両脇がスロープの道になっています。
補助犬同伴の場合 同伴は可能です。
料金無料です
障がい者割引 不明  無料で拝観できます
バリアフリートイレ 無  苅萱堂に向かって右側にあります。  手動引き戸でオストメイトの方対応の設備はありません。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  貸し出し用の車いすはありません
オープン時間8時~17時
休業日ありません
駐車場無  このお堂の専用駐車場はありません。
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1苅萱堂の本院は密厳院(みつごんいん)で、お堂に向かって右側に正門があります。
メモ2記載している電話番号は、密厳院の番号です
メモ3
整理番号取材調査日/2011年10月20日(木)14:30~14:40 晴れ調査者/中村 富子
パーマリンクをブックマーク