楽しむ

ふだらくさんじ
補陀洛山寺

行き方JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」から熊野交通バスで10分。那智駅から徒歩約3分
ホームページ http://www.town.nachikatsuura.......fo_id=9399
補陀洛山寺

境内に展示されている渡海船の模型

補陀洛渡海で知られる補陀洛山寺は、国道42号線がすぐそばを走るJR那智駅から歩いて2~3分の所にあり、仁徳天皇の時代にインドから熊野に漂着した裸形上人が開いたと言われています。

紀勢本線那智駅の裏側は太平洋が広がっていますが、そこは浜の宮海岸といわれ平安時代から江戸時代にかけての約千年に渡って行われていた補陀洛渡海で知られています。
当時のこの寺の住職は那智の浜から生きたまま小さな船に乗せられ、わずかな食料を積み南海の果てにあると信じられていた観音浄土を目指して沖に流されたのです。

外に出られないように釘付けされた小舟は、海を漂流し、誰もその行く末を見た者はないと言われています。
このお寺の境内には、当時の渡海船の模型が展示されていて、間近にその様子を見て感じることが出来ます。又、裏山には、渡海上人のお墓があります。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県那智勝浦町大字浜の宮348
電話番号0735-52-2523
FAX番号0735-52-2523
E-mail
車いすの場合 本堂の左手に駐車場があり、30台ほど停めることが出来ます。一番近いところから、スムーズに境内にはいることが出来、5メートルほどで、拝観できます。
補助犬同伴の場合 同伴して入れます
料金無料です
障がい者割引 無  無料です
バリアフリートイレ 無  バリアフリートイレはありません。道の駅なち公衆バリアフリートイレが近くにあります。(ドアは手動引き戸、オストメイトの方の設備があります)
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  車いすの貸し出しはありません。
オープン時間8:30~16:00
休業日ありません
駐車場有  白線は引かれていませんが、30台ほど停めることが出来ます。
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1補陀洛山寺に向かって左側に浜の宮王子跡があります
メモ2この辺一帯は、浜の宮公園として整備されていて、すぐ近くには公園の駐車場もあります。
メモ3歩いて3分の那智駅周辺にも、観光センター、温泉、産直のお店などがあり、楽しめます。
整理番号取材調査日/2011年11月10日(月)3:15~3:30 曇り調査者/中村 冨子
パーマリンクをブックマーク