楽しむ

こうこくじ
興国寺 

行き方JR紀勢本線「紀伊由良駅」から徒歩15分。山門近くの駐車場そばの道に中紀バスの「開山」バス停があるが、停車本数は数本と少ない。
ホームページ http://www.town.yura.wakayama.......k/kou.html
興国寺の山門です。左側に駐車場、右側にお寺の本堂まで続く車の道があります。

興国寺の本堂です

興国寺の本堂天狗堂の中に祀られている大きな天狗の面

通称「開山」とも呼ばれ、鎌倉三代将軍源実朝の菩提を弔うため、北条政子のお金で家臣葛山五郎景倫が建てたのが始まり。

その後正嘉2年(1258年)心地覚心(法燈国師・ほっとうこくし)が寺の宗旨を禅宗に改め、寺はさかえました。この住職が中国で習得した「金山寺みそ」が我が国の食文化の「醤油」を産み、発祥の地として全国に広がったという話は有名です。県内各地の観光地で売られている「醤油」や「金山寺みそ」はなかなかの人気です。

普化尺八の本寺としても有名で、天狗の大きな面が祀られた「天狗堂」が本堂の奥にあります。お堂までは石の急な階段が十段程あります。急な石段で高さ18センチ奥行きも20センチほどになりますので、車いすの方にはしっかりしたサポートが必要です。

醤油発祥の寺ですから、車いすの方にも拝観に来て頂きたいのですが、バリアフリーのトイレまで少し距離があります。(トイレ情報を確認したところ、駅を降りて反対方向に2キロあまり行ったところにあります)電車を下りる前に車内ですますことも考えて頂いたほうが良さそうですね。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県由良町門前801
電話番号0738-65-0154
FAX番号
E-mail
車いすの場合 参拝堂に入るのに16段の石段があるが、右側の道を上っていくと、本堂の脇まで続く道があります。
補助犬同伴の場合 同伴できます
料金無料
障がい者割引 無  いつでも誰でも拝観することができます
バリアフリートイレ 無  JR紀勢本線「紀伊由良駅」よりまだ南へ2,2kmのところに阿戸公衆バリアフリートイレがあります。ドアは手動引き戸、オストメイトの設備はありません
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  車いすの貸し出しはありません。
オープン時間基本的には、いつでもお参りできます。
休業日ありません。いつでも自由にお参り出来ます。
駐車場有  山門左脇に、10台ほどの車を止めることが出来ます。
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1座禅を希望する方は、前もって相談をしてみると良いですよ。
メモ2山門脇の農道を通って車で本堂近くまで行くことを希望する方も必ず前もってお伝え下さい
メモ3
整理番号取材調査日/2011年9月15日(木)9:30~10:009:40 晴れ調査者/中村 富子
パーマリンクをブックマーク