楽しむ

ほげいせん(だいいちきょうまる)てんじ
捕鯨船(第一京丸)展示

行き方JR紀勢本線「太地駅」から町営じゅんかんバス(ノンステップバス)で約5分、「くじら浜桟橋前」バス停下車すぐ。車では国道42号線を太地方面に入り約4分。
ホームページ
捕鯨船(第一京丸)全景

第一京丸とスクリュー

捕鯨方法「刃サシ」の像

太地町は、捕鯨の町・古式捕鯨発祥の地です。捕鯨船(第一京丸)は、くじら浜公園内に展示されています。第一京丸は、北洋・南氷洋で捕鯨船として活躍していました。内部の一般公開はされていませんが、船内・外観・エンジン・厨房の食器などは創業時のままとなっているそうです。外観の見学は、舗装された通路が捕鯨船の周囲に設けられています。通路には段差がないので、車いす利用の方も見学できます。捕鯨船の前には、大きなスクリュー・イカリも展示されていて、捕鯨船の大きさを感じられます。天気のよい日には、芝生側から見ると背景に海と空があるので海に浮かんでいるように見えます。

近くには、「くじらの博物館」があります。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県太地町太地2934-2
電話番号
FAX番号
E-mail
車いすの場合 「くじら浜桟橋前」バス停の近くにあるお土産店前の道路(段差約12㎝)から通路を通り約20mで捕鯨船前に行けます。
補助犬同伴の場合 補助犬の同伴は可能です。
料金無料です。
障がい者割引 無  無料です。
バリアフリートイレ 有  捕鯨船の展示横にバリアフリートイレがあります。オストメイトの設備があります。手動開き戸です。
付近のバリアフリートイレ 情報はありません
車いすの貸し出し 無  車いすの貸し出しはありません。
オープン時間24時間いつでも見学できます。
休業日ありません。
駐車場無  捕鯨船見学のための駐車場はありません。近くに「くじらの博物館」があり、その前に駐車場があります。
エレベーター無  エレベーターはありません。捕鯨船を展示している周囲から見学します。
メモ1
メモ2
メモ3
整理番号取材調査日/2016年10月24日(月) 晴調査者/神徳佳子
パーマリンクをブックマーク