楽しむ

おうごじ
應其寺 

行き方JR和歌山線・南海電鉄高野線「橋本駅」下車、南へ徒歩約160m 商店街の中に位置しています。
ホームページ http://www.hashimoto-kanko.com......2%B6%BB%FB
山門

本堂

應其上人像

應其寺は、橋本の町を興した應其上人が荒れた里寺を再建したものです。應其上人は、元は武士でしたが高野山で出家し、真言宗の僧となりました。應其上人は、紀の川に橋を架け、高野山への行き来や物の運搬の便宜を図り、塩市を開きました。これが橋本の地名の起こりと言われています。

應其寺境内に應其上人の像が建立されています。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県橋本市橋本2丁目3-4
電話番号0736-32-0218
FAX番号0736-32-0218
E-mail
車いすの場合 橋本駅から商店街を通って應其寺まで行けます。途中坂道がありますが、サポートをしてくれる方がいると安心して行くことができます。
寺の南側に専用駐車場があります。駐車場から境内入口の門まで(約30m)障害なく行けます。門から境内にはスロープで行けます。
補助犬同伴の場合 補助犬を同伴することができます
料金
障がい者割引 無  自由に参詣できます
バリアフリートイレ 無  JR橋本駅改札口の西側に公衆バリアフリートイレがあります。ドアは手動引き戸、オストメイトの方の設備はあります
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  貸し出し用の車いすはありません
オープン時間いつでも参詣できます
休業日
駐車場有  寺の南側に専用駐車場があり5台駐めることが出来ます。
エレベーター無  平屋建ての本殿です
メモ1橋本の町を開基し、應其寺開祖の應其上人の像が本殿前に建立されています。
メモ2境内入口の門からスロープで境内に入り本殿前まで行くことが出来ます。
メモ3門を入るとかわいらしい顔のお地蔵様4体が迎えてくれます。
整理番号取材調査日/2011年9月29日(木)11:30~11:45 晴調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク