楽しむ

おうきょろせつかん
応挙芦雪館

行き方JR紀勢本線「串本駅」下車徒歩10分です
ホームページ http://www.kankou-kushimoto.jp......frame.html
無量寺山門 石段の左脇にスロープがつけられています

長沢芦雪の「龍虎図」

応挙芦雪館前階段

応挙芦雪館は、本州の最南端の町串本町の無量寺境内に立つ、日本一小さな美術館と言われています。

小さな美術館とはいえ、世界の美術愛好家にも注目されている円山応挙やその弟子長沢芦雪、そして狩野探幽、白隠など江戸時代に活躍した画家の絵が展示されています。中でも円山応挙の「波上群仙図」、長沢芦雪の「龍虎図」が有名で、55面の障壁画が国の重要文化財に指定されています。

紀南の果ての小さな寺になぜこのような絵画が残されているのでしょう。

無量寺は1707年に発生した東海・東南海・南海連動型地震による大津波で全壊し、全て流されてしまいました。それから80年ほど経った天明6年(1786年)愚海和尚という人が再建しました。和尚の友人であった応挙が、お祝いに障壁画12面を描き、串本まで弟子の芦雪に運ばせたのです。芦雪は無量寺に絵を届けた後もしばらく寺にとどまり、「龍虎図」などを描き残しました。

山門の左手前が無料の駐車場になっています。山門の左横にはスロープがつけられていて、車いすもスムーズに入れます。

美術館入り口は高さ15センチ奥行き17センチの階段が5段あり、扉まで62センチの幅があります。玄関を入るとすぐに受付があります。美術館の中の扉の段差は10センチほどありますが、フロアーは段差もないのでスムーズに見学できそうです。

階段や段差は、職員の方達がお手伝いしますので遠慮無く声をかけて下さいとおっしゃっていました。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県串本町串本833
電話番号0735-62-6670
FAX番号0735-62-6670
E-mail
車いすの場合 玄関入り口に高さ15センチの階段が5段ほどあり、60センチほど向こうにドアがあります。
職員のかたにお声をかけてください。お手伝いをしていただけそうです。
補助犬同伴の場合 補助犬は同伴出来ません。
料金大人1,300円  子ども650円
障がい者割引 無  障がい者割引はありません
バリアフリートイレ 無  バリアフリーのトイレではありませんが、手すりの付いた洋式のトイレがあります。応挙芦雪館から串本駅方面へ約1kのオ-クワ串本店にバリアフリートイレがあります。オストメイトの方対応の設備はありません。応挙芦雪館から大島に向かい約1.6kのなぎさの駅のバリアフリートイレにはオストメイトの方の設備があります。
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  博物館協会から提供された車いすが1台あります
オープン時間9:30~16:30 入館は16:00まで
休業日年中無休
駐車場有  無料の駐車場に約10台ほど駐車出来ます
エレベーター無  エレベーターはありません
メモ1応挙芦雪館からおよそ2.3㎞のところに国の天然記念物の橋杭岩があります。
メモ2串本魚港にあがる新鮮でおいしい魚を食べさせてくれるお店も沢山あります。
メモ3
整理番号取材調査日/2011年12月21日 更新日2016年8月27日 晴れ調査者/中村 富子
パーマリンクをブックマーク