楽しむ

うめしんこうかん
うめ振興館 

Umeshinkoukan
行き方JR紀勢本線「南部駅」からバス・タクシーで10分。阪和自動車道みなべICを降りて、国道424号線を北東へ約2.5㎞
ホームページ http://www.town.minabe.lg.jp/d......091100182/
みなべ梅振興館の正面入り口と全景3階の道の駅にはたくさんの梅商品が所狭しと売られています

さすが梅振興館にある道の駅、梅一色に包まれています

みなべ町は、平成16年(2004年)10月1日、南部町と南部川村が合併した町で、名実ともに日本一の梅の町が誕生しました。
この建物は、梅の町としてのみなべ町を全国に発信するための拠点です。
1階は、梅の町の歴史資料館。なぜ梅の町なのかを知る様々な資料が展示されています。
2階は、梅の資料館。梅博士になれそうなほど、梅のことを学ぶことが出来ます。
ここのフロアーにあるインフォメーションには、受付の方がいて、障がいのある方のお手伝いもして下さると言うことです。3階は、道の駅です。梅に関するものなら何でもありそうなほど、いろいろな物が売られていて、みなべのお土産を買うことが出来ます。

DATA 基本情報

所在地 みなべ町谷口538-1
電話番号0739-74-3444
FAX番号0739-74-3665
E-mail
車いすの場合 道の駅の正面入り口前に駐車場があり(47台)車いすのスロープ(入り口階段右横)のすぐ近くに車いすの駐車スペースがあります。そこから車いすで玄関まで、折り曲がったすこし長めの(5㍍程)スロープで入り口まで行くことが出来ます。
補助犬同伴の場合 補助犬は同伴できます
料金無料です
障がい者割引 無  無料です
バリアフリートイレ 有  バリアフリートイレは3階エレベーターを降りてすぐ前にあります。左に引く引き戸、オストメイトの設備があります
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 有  貸し出し用の車いすは3台あります
オープン時間9:00~17:00(展示室への入場は16:30まで)
休業日火(火曜日が祝祭日の場合は翌日が休業日です)
駐車場有  駐車スペースは47台、内車いす用が2台、大型車4台あります。
エレベーター有  入り口を入って右手すぐにエレベーターがあり、このフロアーが2階部分になります。
メモ11階が歴史ゾーンで、みなべの梅の歴史や開発したみなべの偉人達が紹介されています。
メモ22階に正面玄関があり、入って左手すぐに受付があります。施設のことや梅のことにとても親切に答えて下さいます。
メモ33階が道の駅になりますが、ここには、さすがに梅に関する商品が沢山取りそろえられていて、おいしい梅グッズや小物類が沢山並べられています。中でも道の駅入り口に置かれていた梅干しの種で作った観音様が私たちを迎えてくれます。
整理番号取材調査日/2011年10月10日(月) 更新日2017年1月20日 晴れ調査者/中村 富子
パーマリンクをブックマーク