買う

くろちくのさとぴかいち
黒竹の里ぴかいち

行き方JR紀勢本線「紀伊内原駅」下車タクシーで約5分です
ホームページ http://www.pref.wakayama.lg.jp......kaiti.html
建物外観

黒竹製品

黒竹の里ぴかいちは、名前の通りこの地区(原谷)の特産品である「くろちく」の民芸品を数多く販売しています。また、「くろちく」を使用して民芸品づくりの体験もできます。販売されている民芸品は手作りですので同じ商品はありません。民芸品づくり体験を希望する場合は、「約1週間前に予約をしてください」とのことです。1人から40人まで受け付けてくれます。体験をする作品は「キット」になっていて30分から1時間で出来上がるそうです。料金は、「扇面壁掛け」「菱形花入れ(小)」が500円、「丸型花入れ」「菱形花入れ(大)」が1000円です。

黒竹は、淡竹(ハチク)の一種で青竹と比べ幹が細く外皮が黒いのが特長です。釣竿・家具の装飾に使われています。ここ日高町原谷は黒竹の生産高日本一です。

ここでは、こんにゃく作り体験もできます。「こんにゃくいも」から作ります。料金は、1500円で2丁から3丁のこんにゃくがお持ち帰りできます。また、おいしいお水と昼夜の温度差のおかげでおいしいお米が作れ、「ぴかいち米」として販売されています。地元産の果物・野菜・花など新鮮なものも販売されています。

店の前の道路を挟んで駐車場があります。駐車場から道路を横断して、店の入口に車いす使用の方もスムースに行くことができます。店内もスムースに移動できます。

店の前を川が流れています。そのそばを熊野古道が通っていて、昔の面影がしのばれる石畳の道500mが残っています。

DATA 基本情報

所在地 和歌山県日高町萩原1400
電話番号0738-63-3528
FAX番号0738-63-3528
E-mail
車いすの場合 店の前の道路をはさんだ駐車場から約9mでスムースに入口に行けます
補助犬同伴の場合 補助犬同伴できます
バリアフリートイレ 無  黒竹の里ぴかいちには、バリアフリートイレはありません。バリアフリートイレは国道42号線萩原交差点を南に約1キロ、内原駅から約230m南の位置ににあります。ドアは手動引き戸、オストメイトの設備はありません
付近のバリアフリートイレ 情報を見る
車いすの貸し出し 無  貸し出し用の車いすはありません
オープン時間平日:9時から15時 土・日・祝日:9時から17時
休業日お盆、1月1日から1月7日
駐車場有  20台 障がい者対応のマークはありませんが駐車できます
エレベーター無  平屋建てですので、エレベーターはありません
メモ1「手作りこんにゃく」「ぴかいち米」(きぬひかり)がおすすめです
メモ2地元の農家の方が育てた野菜、果物、花など採れたてが販売されています
メモ3
整理番号取材調査日/2011年10月13日(木)9:15~10:00 曇り調査者/神徳 佳子
パーマリンクをブックマーク